BLOG ブログ

インビザラインをつけ忘れた!そのまま装着を続けてもいいの?



インビザラインは可撤式の矯正装置です。

そのため固定式のワイヤー矯正と違って、ご自分での管理が重要になります。

装置がない状態で歯磨きができるという大きなメリットがある反面、つけ忘れを起こしてしまうリスクもあります。

インビザラインをつけ忘れた時はどうすれば良いのでしょうか。

 

■インビザラインはなぜつけ忘れてはいけないの?

◎1日20~22時間の装着を想定してシミュレーションされている

インビザラインではシミュレーションを行った後に、それに従って全てのマウスピースを作製します。

このシミュレーションは、どのように歯が動くかを動画にしたものですが、1日20~22時間のマウスピースの装着を想定して作られています。

そのため、1日の装着時間が少なくなってしまうと、歯がシミュレーション通りに動かない可能性があります。

 

■つけ忘れた時間別の対処法

◎数時間程度

インビザラインをつけ忘れても、数時間程度のつけ忘れであれば、すぐにマウスピースを元に戻せばほとんど問題ありません。

 

◎1日

1日程度のつけ忘れでも、多くの意見ではほとんど問題がないとされています。

しかし数時間と違い、さらにしっかりと様子を見ながら元に戻す必要があります。

 

◎2〜3日以上

2~3日以上忘れてしまうと歯は元の位置に戻ろうとし、後戻りが起こっている可能性があります。

場合によってはマウスピースが入らなくなっていることあります。

もしマウスピースを1日以上つけ忘れたら必ず歯科医師に相談しましょう。

 

■インビザラインをつけ忘れると

◎痛みがでる

インビザラインをつけ忘れて、その後マウスピースを戻そうとすると痛みが起こる可能性があります。

通常のインビザライン矯正でも歯の痛み違和感は起こりますが、それよりも強い痛みや違和感となって現れるリスクもあるため、注意が必要です。

 

◎シミュレーション通り動かない

インビザラインのシミュレーションは1日20~22時間の装着を想定して作られているため、歯の位置がシミュレーションからずれてしまう可能性があります。

シミュレーション通りに歯が動かないと、マウスピースをまるまる作り直しになる、再治療の可能性もあります。

 

■つけ忘れを防ぐために

◎置き場所を決める

つけ忘れを防ぐためには、家での置き場所を決めておくと良いでしょう。歯磨きの時は目につくこの場所に置くなど、位置を決めておくとつけ忘れを防ぐことができます。

 

◎ケースを持ち歩く

外出する時は、紛失やつけ忘れをしないためにマウスピースケースを持ち歩くようにしてください。

特に外食時はハンカチやティッシュにくるんでしまっておく方もいらっしゃいますが、持ち運び用のケースを購入するなどして、うまく活用しましょう。

 

◎リマインド機能などの活用

スマートフォンのリマインド機能などを使ってつけ忘れを防ぎましょう。

毎日決めた時間に確認するなど、習慣化するとつけ忘れを防ぎやすいです。

 

【2〜3日以上のつけ忘れは必ず相談を】

1日のつけ忘れであっても歯科医師に相談して戻せるようならそれが理想です。

しかし、特に注意すべきはそれ以上のつけ忘れの場合です。

2~3日以上つけ忘れてしまった場合は、必ず歯科医師に相談してからその後の治療方法を決定してください。

長い期間のつけ忘れが起こると痛みが起こるだけでなく、歯がシミュレーション通りに動かずマウスピースの再作製が必要となる可能性もあります。

置く場所を決める、リマインド機能を活用するなどして付け忘れを防ぎましょう。

当院ではインビザライン矯正がスムーズに行くためのさまざまなアドバイスを行っています。インビザライン矯正を検討中の方はぜひ一度ご相談ください。

ホワイトエッセンス広島駅前歯科・矯正歯科
歯科医師
⇒理事長の経歴はこちら