マウスピース矯正

MOUTHPIECE マウスピース矯正

おすすめのマウスピース矯正

矯正期間中もストレスが少なく
過ごすことができる装置です

矯正治療の方法の一つとして、マウスピース矯正(インビザライン)治療があります。マウスピース矯正(インビザライン)とは、一人ひとりの歯型に合わせてオーダーメイドで作製された透明なマウスピース型矯正装置(アライナー)を装着して、歯列を整えていく矯正方法です。
マウスピースは薄くて透明なので、周りから矯正をしていることを気づかれにくいです。
また、ご自身で取り外しが可能なため、ストレスを感じることなく食事や歯磨きをすることができます。

インビザラインは
薬機法対象外の矯正装置です
INVISALIGN

マウスピース矯正装置(インビザライン)は、米国アライン社に歯列のデータを送信し、専用の工場で製造された矯正用のマウスピースです。歯科医師の個人輸入となり、またオーダーメイドで作成されることから日本の薬機法対象外となっています。
諸外国における承認状況としては、1997年にFDA(アメリカ食品医薬品)の認証を受けています。使用する材料そのものは薬事承認されているため、口の中に入れても安全に使用していただけます。

マウスピース矯正
(インビザライン)のメリット

周囲に気づかれにくい

透明な装置のため、矯正治療中も周りから矯正をしていることを気づかれにくいです。接客業や営業職の方で、目立つ矯正装置に抵抗があり、矯正治療をためらっていた方にもおすすめです。
矯正治療と併用してホワイトニング治療も行うことができますので、ホワイトニングも行いたいという方は一度ご相談ください。

取り外しができるので快適かつ衛生的

矯正治療中でも、ご自身で装置を取り外すことができるので、違和感なく食事ができます。
また、歯磨きがしやすく、口腔内を清潔に保つことができるので、むし歯のリスクも軽減することが可能です。

金属アレルギーの方でも
安心して治療が可能

マウスピースはプラスチック製で金属を一切使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して治療を行うことができます。また、薄い素材を使用しているため、装着時の痛みや和感が少なく、患者さまの負担が少なく矯正していただけます。

通院頻度が少なく治療が継続できる

従来の矯正治療は一般的に1ヶ月に1回程度の通院頻ですが、マウスピース矯正(インビザライン)の場合は、ご自宅でマウスピースをご自身で交換して矯正していくため、6週間に1回程度の通院で治療できます。
そのため、育児や仕事で忙しくなかなか通院できない方にもおすすめの矯正治療です。

治療費について

初回矯正相談 無料
精密検査料 44,000円
インビザライン 531,000円~676,000円

120回分割払いの場合
(初回お支払い費用:14,263円、
2回目以降お支払い費用:5,100円)
インビザライン+
ホワイトエッセンスホワイトニング
800,000円
インビザライン+
ホワイトエッセンスクリーニング
714,000円
インビザライン
ライト
386,000円

120回分割払いの場合
(初回お支払い費用:11,242円、
2回目以降お支払い費用:3,700円)

※自由診療となります。
※標準的な金額です。
※費用はすべて税込み表記です。

お支払い方法

下記でのお支払いが可能です

  • 現金・振り込み
  • クレジット決済
  • 分割払い

対応クレジット

その他のクレジットカードに関しましては
お問い合わせください。

JCB
AMERICAN EXPRESS
DISCOVER
MUFG
DC
VISA
UFJ card
mastercard
NICOS
分割でのお支払い例 INSTALLMENT PAYMENT

マウスピース矯正

invisalign

治療費合計 386,000円

120回払い

月々3,700

※初回お支払い費用は11,242円となります。
※費用はすべて税込み表記です。
※インビザラインライトによる治療の場合です。

マウスピース矯正

invisalign

治療費合計 676,000円

120回払い

月々5,100

※初回お支払い費用は14,263円となります。
※費用はすべて税込み表記です。
※インビザラインフルによる治療の場合です。

医療費控除について

DUCTION

1年間で支払った
医療費の総額が10万円を超える場合、
医療費控除を受けることが可能です

その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費の合計が、10万円以上の場合、医療費控除の対象となります。詳しくはお近くの税務署へお問い合わせください。

医療費控除の計算式

1年間に
支払った医療費
保険金などで
支払われる金額
10万円
=医療費控除

※総所得が200万円未満の場合、10万円ではなく総所得の5%となります。

還付金額の目安

医療費控除額
所得税率
=還付金額

申請の際に必要なもの

  • 確定申告用紙
  • 振込先口座番号
  • 治療の領収書
  • 源泉徴収票(謄本)
  • 印鑑など