BLOG ブログ

アイテロでの型どり、どんなメリットがあるの?


インビザラインの普及によって、インビザライン用に型どりをしたデータを海外に送るための「アイテロ」が普及し始めています。
アイテロとはどのようなもので、どのようなメリットがあるのでしょうか。


■アイテロとは

光学印象という、印象剤を使わない器具

アイテロとはお口の中に光を当て、その跳ね返りにより口腔内の情報をデジタルの3Dデータとして保存できるスキャニング装置です。
この3Dスキャナアイテロは、インビザラインのマウスピースを作製する際のデータをとる器具として開発されました。
インビザラインのマウスピースはこのデータを元に作製され、発注元である歯科医院に発送されます。
またこれらのデータの蓄積によって、インビザラインの開発元、アメリカのアライン・テクノロジー社では、より高い精度のマウスピースが作製されています。


その他の治療でも

アイテロはインビザラインのマウスピース作製にだけ使われるわけではなく、歯科医院内でのその他の補綴物の作製などにも使用できます。
またお口の中の3Dデータを経時的に保存しておくことも可能です。


■アイテロのメリット

技術やコツに左右されにくい

従来の口腔内の型どりをするための印象材は、温度や水分の量などで変形してしまいやすいため、その手順などにとても気をつけなくてはなりませんでした。
そのため、熟練の技術を持った歯科医師や歯科衛生士が型どりをしないと、精度の高い型どりができにくいというデメリットがありました。
しかし3Dスキャナーアイテロでは、その使い方さえ覚えてしまえば技術やコツに左右されずに正確なデータを取ることができます。

情報共有が早い

アイテロのデータは3Dのデジタルデータのため、情報共有が瞬時に行えます。
従来は型どりをした後、石膏模型という模型を作ってそれを発送することで補綴物などの発注をしていました。
そのため運搬などに、時間や手間がかかってしまうという特徴がありました。
アイテロで3Dのデータを瞬時にやり取りできればこの時間と手間の短縮が行えます。


場所を取らない

アイテロは、3Dデータをデジタルで保存することにより、模型の保存する場所を取りません。
石膏模型は患者様のお口の状態を把握するために使われますが、通っている方の分だけでなく、経時的に様子をみたい方の分も保存しておく必要があります。
そのため、どうしても少しずつ蓄積していきます。
歯科医院の石膏模型用の棚は、すぐいっぱいになってしまうというデメリットがありました。 
アイテロならこのデメリットを解決できます。
また石膏模型は、使用しなくなると医療廃棄物として捨てなくてはなりませんでした。
これが減ることによって、環境にも配慮できます。


嘔吐反射などが起きにくい

印象材は柔らかい素材のため、喉の奥に流れ込み、嘔吐反射を引き起こしてしまうこともありました。
アイテロならペン型のスキャナー口の中で移動させるだけで型が取れるため、嘔吐反射が起きにくいのが特徴です。
また型取りをしている最中は、お口を開いていただくだけで良いので、その点でも患者さまにとって負担が減るというメリットがあります。


継続的な口腔内のチェックに利用できる

データは削除しなければずっと保存しておけるため、経時的な観察や口腔内のチェックなどにも利用できます。
またアイテロは、近赤外線画像技術を用いているため、目視では見えにくい隣接面の虫歯なども濃淡で映し出されます。
そのように利用すれは、虫歯のチェックでも活躍します。
その他、かみ合わせすり減りなどの変化もチェックすることができます。


導入を行う医院が増えています

アイテロはまだ導入している医院が少ないのが現状です。
しかし、このアイテロを含めた光学印象という技術は、今後の歯科医療において大きな役割を果たすと考えられます。
余計な時間がかからず、患者さまの負担も少なく、精密な型が取れる3Dスキャナアイテロを当院も導入しています。